お米

ひじきを使った炊き込みご飯の作り方

冷蔵庫には、昨日の夕食に飲んだお吸い物の三つ葉がまだ残っています。なんだか三つ葉に元気が無くなってきているので早く食べないと。

そこで、ひじきもあったので両方使える『ひじきの炊き込みご飯』を作ることにしました。

【使う材料】

お米・・・3合(480g)
ひじき・・・12g
ニンジン・・・80g
油揚げ・・・20g
したらき・・・200g
薄口しょうゆ・・・20g
酒・・・45g
塩・・・4.5g
みつば・・・100g

【作り方】

➀ ひじきは水に浸けて戻しておく。
➁ お米を洗って水に浸しておきます。
➂ 油揚げは湯通しして油を抜き太めの千切りにします。
➃ にんじんは千切りにして、しらたきは熱湯であく抜きをして2㎝にカットします。
➄ お米に、醤油、酒、塩を入れて炊飯器の分量まで水を入れます。
➅ その中に、ひじき、ニンジン、油揚げ、しらたきなどの具材も入れて炊きます。
➆ 炊き上がったら、三つ葉をお好みの大きさに切ってのせて完成です。

スーパーなどで買う時、ひじきの葉の部分は、芽ひじき、小芽ひじき、米ひじきと表示され、枝の部分は長ひじき、茎ひじきと記載されて店頭にならんでいるそうです。

ひじきにはアルギニン酸などの水溶性食物繊維が豊富で、さらに、カルシウム、マグネシウム、鉄などの不足しがちなミネラル類が豊富なのが特徴。

また、ひじきは生の状態のときと、乾燥させた時とでは色が変わります。乾燥させた時ひじきは黒色になりますが、これはポリフェノルで黒くなるんだそうです。

その為、乾燥させたひじきには抗酸化力の高いポリフェノールが豊富にふくまれているそうです。

調味料

作り置きできる「エノキダケとニンニクの特製ダレ」のレシピ

エノキとニンニクと聞いただけで元気になりそうで、作り置きができるのでいろんな料理に使えそうな特製ダレの作り方を紹介します。

【材料】

  • エノキタケ(1株・200g)
  • すりおろしニンニク(5g)
  • 長ネギ(50g)
  • 砂糖(小さじ1)
  • ごま油(大さじ1)
  • 醤油(大さじ3)

材料も冷蔵庫にありそうなものでできて、作り方も簡単なので作ってみましょう。

【作り方】

  1. 最初はエノキを細かくカットしましょう
  2. カットしたエノキを耐熱ボウルに入れて、ラップをして電子レンジで600ワットで2分間加熱します。
  3. 電子レンジから取り出したらそこに砂糖(小さじ1)、醤油(大さじ3)、長ネギのみじん切り、すりおろしニンニクを入れます。
  4. フライパンにごま油を入れて約1分間加熱します。
  5. 熱した熱々ごま油を、先ほどのエノキ、ニンニク、ネギにかけて完成です!

保存容器で冷蔵保存すれば5日間位食べることができるそうです。

ご飯にかけて食べたり、お餅やお豆腐にかけても美味しい。蒸し鶏や餃子などにもあいそうです。

野菜

ごぼうチップスを電子レンジで作る方法

「チップス」と言うと、具材をフライにしたものなので油を使うというイメージがあり、「チップス=太る」と思いがち。

ところがNHKのあさイチでは油を使わない「ごぼうチップス」を紹介していました。その作り方を書きます。

【使う物】

  • ごぼう
  • 耐熱皿
  • クッキングシート
  • 電子レンジ

続いてごぼうチップスの作り方

  1. 洗ったゴボウを薄切りします。
  2. クッキングシートをクシャクシャにして凹凸をつくります ※クッキングシートをクシャクシャにして凸凹にする理由は、水分を効率良く飛ばしてカラッと仕上げるためです。
  3. クシャクシャにしたクッキングシートを耐熱皿に広げてしきます
  4. その上に薄切りにしたゴボウを重ならないように並べます
  5. 電子レンジ600Wで2分半温めます
  6. 一度取り出しゴボウを裏返してもう一度電子レンジに入れて2分温めたら完成!

注意点ですが、ゴボウは焦げやすいので電子レンジで温める時は様子を見ながら作ってください。

ゴボウチップスにカレー粉やシナモンをかけて食べたり、サラダのアクセントとしてもつかえます。その他に炊き込みご飯やみそ汁にもそのまま入れても使えるので便利です。

香もよく保存もできるので便利です。保存期間は密封できる保存袋や瓶に入れて常温で3か月保存できるそうです。その時、乾燥剤も一緒に入れておくと良いそうですよ。