料理

スーパーで美味しいトーストに向いているパンの選び方

無性に美味しいトーストが食べたくなることがありませんか?

そんな時にスーパーでパンを選ぶんですが、今はたくさんの種類の食パンが店頭にならんでいます。トーストにするならどのパンが良いのか迷ってしまいます。

先日、テレビを見ていたら、トーストのことを知り尽くしている女性が出演されていて、美味しいトーストを食べる為の食パンの選び方を紹介していました。

原材料の表示を見て「バター」が入っているパンを選ぶと良いそうです。さらに原材料の表示の順番にポイントがあるんです。

原材料の表示は、配分量が多い順番に記載されるそうです。バターの文字がなるべく先に書かれている商品を選ぶとバターの香りがして美味しいそうです。

もう一つは、パンを入れているパーケージにトーストの絵が描かれている商品はトーストで食べるのをすすめているのでこれも美味しくいただけるそうです。

また、美味しいトーストを作るには、最初にオーブントースターを先に温めて予熱をしておきます。理由は、パンは焼いている時間に水分が抜けてパサパサの原因になるので、なるべく短時間で焼いて水分の蒸発を防ぐ。

そして、焼く前にパン全体にかかるように霧吹きし、パンに漢字の「田」に切り込みを入れて焼くのがコツなんだそうです。 切込みを入れることで耳の内側にも熱が入りサクサクに焼けるそうです。是非試してみましょう!