魚介類

サバの水煮缶のEPAを効果的に美味しく食べる方法

今はだいぶ落ち着きましたが、少し前はスーパーに行き、サバの水煮缶を買おうとしても「只今、商品が品切れしております。」の表示!こんな事が結構続きました。

このような現象になってしまった原因はTVの影響です。いくつものTV番組でサバの水煮缶の栄養効果が紹介され、多くのスーパーからサバの水煮缶が姿を消してしまったのです。

テレビの影響力はすごいですね!今回は、そのサバの水煮缶に入っている栄養効果を見ていきましょう。

サバのEPAの働き

日本人の死因第2位が心臓病。年間で20万人が命を落としているそうです。心臓病と言っても色んな病気がありますが、特に中でも多いとされているのが心筋梗塞と狭心症。これらの病気を発症させてしまう要因となるのが、良く言われているドロドロ血液。

健康診断を行って、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が基準値よりも超えている人は、血液がドロドロになっている可能性が高いので要注意です。数値を下げるように対策する必要があります。

悪玉コレステロール値が高くなる原因は、喫煙、運動不足、ストレス、などがありますが、一番の問題は食生活と言われています。脂っぽい食べ物を中心に食べている人は、血液をドロドロにしやすい食生活です。

血液をサラサラにする食べ物を食べるようにするのが大切になりますが、1日1回食べることで、悪玉コレステロール値を下げる効果が期待できる食べ物がサバの水煮缶なんです。

サバの缶詰1缶で1日分EPAが摂れる

サバの水煮缶にはEPAがたっぷり含まれています。このEPAが、悪玉コレステロール値を下げる働きをしてくれます。EPAは人間のカラダをつくるのに大切な栄養素ですが、体内では作れないので食べ物で摂取する必要があります。

EPAは青魚の皮や血合いに多く含まれています。さしみなどで食べると、その豊富に含まれている部分は全部取られてしまいますが、サバの水煮缶なら丸ごと缶詰にしているのでEPAが豊富にふくまれているので効果の期待がたかいのです。

また、サバの塩焼きなど加熱すると、EPAは熱に弱いので中からでてしまいます。ですが缶詰なら生のサバを使って加熱しているので、汁ごと食べれば、EPAを摂取することができるのです。

EPAの1日の摂取目標は1000mg(1g)です。サバの水煮缶にも表示されていますが、通常1缶で1日分が摂取できます。

サバの水煮缶のレシピ

せっかく食べるならサバの水煮缶を効果的に、美味しく食べたい!
そこで、おススメの食べ方を2つ紹介します。

大根の辛味成分イソチオシアネートと一緒に食べる

大根の辛味成分イソチオシアネートも血液をサラサラにする効果がきたいできます。

そこで、サバの水煮缶を汁ごとボールに入れて、塩コショウします。

そこに、大根の千切りを入れてレモン汁大さじ1、オリーブオイル大さじ1を入れて混ぜれば完成!

玉ねぎのイソアリインと一緒に食べる

玉ねぎにはイソアリインと言う成分が含まれています。それが血液サラサラ成分なのでそれを摂取しましょう。

オリーブオイルにニンニクを炒め、玉ねぎを入れてさらに炒めます。

そこにサバ水煮缶を汁ごといれて、トマトの水煮を入れて5分煮ます。

最後にトマトケッチャップと塩を入れてお好みの味に整えれば完成です!

実際にやってみましたが、簡単にできて本当においしいです。おすすめです!

魚介類

健康寿命1位の山梨県民が良く食べている食材はなんとマグロ!その効果とは


ただ長生きしているだけでなく、健康で自立した生活が送れる期間の事を健康寿命と定義しています。

厚生労働省の平成25年の「健康日本21」によると、日本人男性の平均寿命は80,21歳、健康寿命は71,19歳。

日本人女性の場合は、平均寿命は86,61歳、健康寿命は74,21歳。となっていました。

平均寿命と健康寿命の間には男性では約9年、女性では13年の違いがあることになります。その間はどこかしらカラダにトラブルを抱えていることが考えられますよね。これ、結構長い期間ですよね。

さらに、細かく健康寿命が長い都道府県のベスト5位を紹介すると、
1位 山梨県
2位 静岡県
3位 宮崎県
4位 福井県
5位 茨城県

※平成25年度 厚生労働省「健康日本21」

健康寿命の1位は、山梨県は74,15歳と言う結果で、意外なことに、長寿県になった長野県は18位でした。

山梨県が1位で静岡県が2位。この2つの県の共通点と言えば・・・富士山!富士山を毎日真近で見ることが出来るので、気分もスッキリ!ストレスが解消されてしまう・・・なんてね。

山梨県が長寿県1位になった原因を林修の今でしょ!講座で、 オルソクリニック銀座 院長藤森徹也先生が解説。その内容を紹介します。

先生いわく、山梨県民の健康寿命が長い理由のポイントは魚中心の食生活があげられるそうです。

でも、山梨県には海がありませんよね。それなのに魚中心の食生活と言うのは意外です。ですが、海が無くてもマグロの1年間の平均購入金額は1世帯あたり9,313円と全国で2位!

さらに、人口10万人あたりのお寿司屋さんの数は約38軒と全国で1位とお寿司を良く食べているんだそうです。

実は、山梨県は海が無い県だからこそ魚に対するあこがれが強くて、昔からお客さんなど来たらお寿司をごちそうとして出すことが最高のおもてなしの仕方と言う習慣があるそうです。一般の家庭でも、週に4回位はマグロを食べているところもあるそうです。

ハーバード大学の研究によると、魚を週に2回食べている人は、食べていない人と比べて2,2年長生きするという研究報告がされているそうです。

マグロには、青い魚に多く含まれる脂肪酸DHAやEPAが豊富に含まれています。

DHAやEPAは、生活習慣病を予防して脳の認知機能の向上にも効果があると言われています。

ですが、DHAやEPAどちらも熱に弱い特徴をもっているので、加熱をしない刺身や寿司で食べるがオススメなんだそうです。

その他にも、食事をするときの時間が一番長い事も健康にかんけいしているそうです。

山梨県民の皆さんが1日に食事にかけている時間の平均時間が106分。全国の平均時間は99分なんだそうです。7分位の違いなのかと思いがちですが、この7分のが誤差が大きいそうです。

また、早食いの人と早食いではない人を比べると、早食いの人の方が4,4倍肥満になりやすいという研究報告があるそうです。

お腹がいっぱいになったと感じるまで約20分の時間がかかるそうです。早食いだと、その20分の間に食べ終わってしまい、お腹が満足していないので、結果として食べ過ぎてしまうことが考えられるのです。

さらに良く噛むと、脂肪燃焼を高める事が分かっているそうです。