ガンを知って予防対策をしよう!

なぜ人はガンになるのか?

人間の体はおよそ約6兆個の細胞からつくられています。この細胞は毎日分裂を繰り返して新しい細胞に生まれ変わっています。

その分裂の際に遺伝子に異常を持っている細胞が発生するがあり、それがガン細胞です。実は私たちはしりませんが、この異常なガン細胞は1日に5000個も発生していると言われています。

しかし、免疫細胞がそのガン細胞を発見すると攻撃して撃退してくれているので、ガンが発生しないでいられるのです。つまり毎日免疫細胞は5000勝0敗の戦いを行っているのです。

ですが、この免疫細胞は年齢ともに老化現象により衰えてしまい、ガン細胞が残ってしまうと、分裂を繰り返し増えていきます。約10年~20年で1cmに成長。そして、1cm~2cmになるには約2年。ガン細胞は大きくなるほど進行が速いので早期発見が大切。

がん検診の種類

ガンは臓器ごとに適した検査があります

PET検査は特殊な検査薬を投与してガン細胞を映し出す検査方法。本来は、ガンの転移の広がりや治療効果を調べるものでしたが、ところが近年がん検診の切り札として注目されるようになりました。

しかし、国立ガン研究センターの発表によると、PET検査は。ガンの見逃し率が85%だと発表。

そもそも、ガンは臓器ごとに適した検査があります。

  • ・胃や大腸は内視鏡
  • ・肺はCT検査
  • ・乳房はマンモグラフィー検査

ページの先頭へ