医師が教えるガンを予防する方法

今、日本人の2人に1人はかかると言われているガンですが、国立がん研究所の報告によると男性のガンの半分以上、女性のガンの場合でも3分の1が予防可能だと発表。

毎日の食生活を含めて生活習慣を改善することで、ガンの9割は発症を予防できるのではないかと医療の専門家は考えているようです。

そこで、著書『ガンにならないのはどっち?』を書いた内科医 秋津壽男先生が、TV番組「バイキング」に出演。ガンを予防する正しい方法を紹介していましたので、その内容をご紹介します。



ガンとお酒の関係

ガンを発症する原因として良く言われているのが飲酒です。お酒が好きな人にとっては「わかっちゃいるけどやめられない♪」と言ったところ。私のその一人です。

良く ”酒は百薬の長” とか聞きますよね。これは1合の半分位の量を毎日飲むと血流を良くして代謝を高めるのでガンの発症リスクを下げると考えられているようです。

しかしそれ以上飲んでしまうと・・・
・毎日2合以上飲む人は ⇒ 2.1倍
・毎日1~2合飲む人は ⇒ 1.4倍
・月に1~3回飲む人は ⇒ 0.8倍 (適量飲む場合。しっかり飲む人は逆にリスクが高くなる。)
※日本酒1合(180ml)はビール大瓶1本、ワイングラス(240ml)です。

飲まない人に比べてこれだけ大腸がんの発生率が高くなってしまうんだそうです。日ごろ酔っ払うまで飲んでしまう人は飲みすぎには注意しましょう。

ところで、どうして大腸がん何でしょう?

お酒が原因のガンと言うと、食道がんや肝臓ガンをイメージしている人も多いかと思いますが、実は、お酒のアルコールは腸まで届き、アセトアルデヒドと言う悪玉物質を作ってしまいます。

そのアセトアルデヒドが大腸の粘膜を傷つけてしまい大腸がんを発症するリスクを高めてしまうのです。

予防に役立つ食べ物

問題のガンを発症させてしまう物質のアセトアルデヒドの分解を助ける食べ物を食べることがガン予防につながります。

そこで、秋津先生がおススメの食べ物が”卵 ”です。

卵に含まれいるLシステインがアセトアルデヒドを分解してくれるそうです。二日酔い予防にも高い効果が期待できそうなので、お酒のおつまみには卵を使った料理を選んでみてはいかがでしょうか。

運動とガンの関係

私たちの体の中では、毎日数千個のがん細胞が出来ています。しかしそれをNK(ナチュラルキラー)細胞がガン細胞を攻撃して撃退してくれています。

ところが、ストイックなランニングなどの激しい運動ををすることで、このNK細胞の活性を低下させてしまうと考えられているのです。

あるデータによると、2時間半のランニングで、NK細胞の能力が50%もダウンすると言うデーターもあるそうです。

また、逆に運動しないと言うのもNK細胞は活性しないので、 楽しくできる運動をするとNK細胞が活性されるんだそうです。

ウオーキングやショピングしながらの散歩などはおススメです。

また、日ごろから笑う事もNK細胞が活性されるそうですよ。秋津先生の話では作り笑いでも身体が自然とそれに反応して本当の笑顔になるので十分に効果はあるとおっしゃっていました。

笑う門には福来たるですね。皆さん今すぐ笑いましょう!

ストレスと胃がんの関係

ストレスは胃炎を起こしてしまう原因。胃がんは、この胃炎を何度も繰り返すことで遺伝子の修復が間に合わず胃がんのリスクが高まってしまいます。

しかし、現在の胃がんの発症の原因の8~9割は、ピロリ菌と言われています。そこで、病院で処方してもらった除菌薬を1週間飲むことで高い確率でピロリ菌を除菌することができ胃がんを予防することができまます。

その費用は、1週間分で6000円程度。一度大人が除菌できると再感染することはほとんど無いと考えられています。頻繁に胃の調子が悪くなる人は一度病院で相談してみる事をおススメします。

ガン予防にお茶が有効!?

日本一ガンによる死亡率が低い街が静岡県掛川市。これは女性も男性でも第一位。掛川市と言えばお茶の産地として有名。 実は、緑茶に含まれるカテキンやビタミンCが体のサビの原因である活性酸素を除去しガンを予防してくれるそうです。

特に、緑茶のなかでも「深蒸し茶」が効果的なんだそうです。掛川市は深蒸し茶の産地。その製法は、お茶の葉を約2倍の時間かけて蒸す製法で、他の緑茶にはあまり見られない成分のビタミンE、βカロテン、クロロフィルなどが含まれているのです。

さらに効果的なのが、この深蒸し茶を水出しで作ることなんです。水出しすると防腐性が強いエピガロカテキンが多く含まれているので細菌やウイルスを抑制してガン予防に効果があるんだそうです。また、カフェインは熱く入れることでカフェインが沢山出てしまうので、水出しならカフェインも少ないのでお子さんも飲みやすいそうです。

ガンと遺伝の関係は

ガンと遺伝は関係あると言われていますが、実はガンの中でも遺伝要素が強いガンとあまり遺伝とは関係ないガンがあるそうです。 例えば、肺がんなどは喫煙などがガンになるリスクが高くなり、肝臓ガンは肝炎などが原因の場合が多い。

遺伝要素が高いと言われているのが、大腸がん、乳がん、卵巣ガンなど、大腸ガンは、ポリープができやすい人がガンになりやすいく、乳がんや卵巣がんはホルモンが影響されやすいので感受性の高い遺伝子をもっていることでガンが発症するリスクが高くなるそうです。

【ガンと遺伝リスク】

①大腸がん
②乳がん
③卵巣がん
④甲状腺ガン
⑤胃がん
⑥前立腺ガン
⑦肺がん
⑧食道ガン
⑨肝臓ガン
⑩膀胱ガン

ガンは早期発見が大切。胃がん、肺がん、大腸ガンの検査は1年に1回は行うようにしましょう。 また、胃カメラとバリウムは、それぞれ診る事が違うので、交互にするのもオススメだと秋津先生は言っていました。




スポンサーリンク



スポンサーリンク