なかなか治らない五十肩や四十肩に悩んでいませんか?40代でなると四十肩、50代でなると五十肩、どちらも肩が痛くて手が上がらないという同じ症状です。また肩こりが酷くて悩まれている方も多いのではないでしょうか?五十肩や四十肩や肩こりを解消する新常識を紹介します。

肩こりの新犯人「筋膜」を開放する

近年は、スマートホンやパソコンの普及により、利用する人が増加しています。利用する時の姿勢を長時間保つことで、あごが前にでて頭の重さが前にかかり、それを支えようと首や肩が緊張し負担がかかる事が多くなりました。

それが肩こりの一つの原因となってしまうそうです。マッサージしても肩こりが解消されるのは一瞬で、直ぐにまた肩がコリ辛い!こんな症状の方も多いのでないでしょうか。肩コリの原因は筋肉のコリも原因ではありますが、それだけではないことが近年分かってきたそうです。その原因となるのが「筋膜」です。

筋膜がコリの原因のメカニズム

筋肉のコリは、長時間同じ姿勢をして仕事をしたりしていると筋肉が収縮して、その状態が続くことで血流が悪くなり硬くなってしまいます。ですが、そん筋肉のコリはもみほぐすことでコリが解消されます。

ところが、それを何度も繰り返すと筋肉を包んでいる筋膜が癒着しシワがよってしまいます。筋膜はとても頑固で、筋膜のシワに筋肉が引っ張られてコリになってしまうのです。

この筋膜のシワを伸ばして元に戻すことが肩こりの解消方法になると近年は考えられているそうです。

筋膜を伸ばす筋膜リリースの方法

筋膜のシワを伸ばし解放するストレッチを、首都大学東京 竹井仁教授がNHKのためしてガッテンに出演して伝授しました。名付けて「筋膜リリース」。何種類かのストレッチをおこない筋膜をのばしていきます。では実践してみましょう!

【斜め腕伸ばし 筋膜リリース】

  1. 椅子に座り、右手を斜め後ろに伸ばす。※指先が床にもぐりこむイメージで
  2. 顎をひいて首を左に倒し、左手で右肩を押さえる。
  3. 左耳を肩よりも前に出すように首を回します。
  4. この状態で20~90秒間キープします。※出来る範囲で行いましょう。
  5. 次に、首を傾けたまま、鼻を左肩に近づける。
  6. この状態で20~90秒間キープします。※出来る範囲で行いましょう。

反対側も同じように行います。

【平泳ぎ風 筋膜リリース】

  1. 平泳ぎのように両腕を前に伸ばします。※背中を丸めないで肩甲骨だけを押し出す。
  2. この状態で20~90秒間キープします。※出来る範囲で行いましょう。
  3. 肘を肩の高さまで後ろに引きます。
  4. この状態で20~90秒間キープします。※勢いをつけないでゆっくり出来る範囲で行いましょう。
  5. 今度は、肘を引いた状態で手を上にあげる。肘の高さは肩の高さでキープ。※肘が下がらないように意識しましょう。
  6. この状態で20~90秒間キープします。

【S字 筋膜リリース】

  1. 右手を頭の後ろに、左手を背中の後ろに、肘を90度に曲げる
  2. そこから肘を反時計回りに回します。
  3. この状態で20~90秒間キープします。
  4. その状態で、右足を前にクロスさせ、カラダを左に倒します。
  5. この状態で20~90秒間キープします。

反対側も同じように行いましょう。

【バレリーナ風 筋膜リリース】

  1. 右手の平を自分に、左手の平を後ろに向けて、右足を一歩前に出す。
  2. 右手は天井に、左手は下に伸ばし軽く体を左にひねる
  3. この状態で20~90秒間キープします。

反対側も同じように行います。

ストレッチの目安の回数ですが、1日3セットをキープ時間の理想は90秒ですが、慣れるまでは無理をしないで出来る範囲で行ってくださいと竹井先生は話していました。

二週間実践すると、随分肩こりが解消されてくるそうです。

五十肩(四十肩)とは?

肩を動かしたり、腕を上げようとすると痛くて動かすことができない・・・毎日、このような症状で悩まされてはいませんか?もし、このような肩が痛む症状が見られるなら、五十肩という肩の病気を発症しているかもしれません。

五十肩は、靭帯・健・関節包などの肩の関節や関節周辺の組織が炎症や関節拘縮を発症する病気で、別名「肩関節周囲炎」とも呼ばれていて、40~50歳くらいにかけて発症しやすい病気と言われています。よく、四十肩という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、実は、四十肩と五十肩は同じで、40代に発症する肩関節周囲炎を四十肩と呼び、50代に発症する肩関節周囲炎を五十肩と呼びます。

五十肩の仕組みは、肩の関節の可動をサポートして肩をスムーズに動かす役割がある肩峰下滑液包の滑液が減少したり、関節部分を覆っている関節包が分厚くなって伸縮しなくなることで、肩が動かしにくくなり、動かそうとすると痛みを感じて動かせない関節拘縮という状態になるのです。また、カルシウムが肩関節組織の腱に沈着することで激しい痛みを発症する石灰沈着性腱炎が起こる場合もあります。

痛みが現れる範囲は、肩の関節から腕の肘辺りの間で、痛みのせいで日常生活が不便になり、服を着たり脱いだり、体の後ろの紐や帯を結んだり、髪の毛を結んだり、ぐっすりと眠ったりすることができなくなってしまうのです。五十肩を発症してしまうと、最初の約1ヶ月くらいは激しい痛み襲われて、関節拘縮によって肩の可動域も狭くなってしまいますが、肩の痛みは、少しずつ和らいでいくのが特徴です。

通常は、五十肩による肩の炎症は、時間の経過と共に自然と和らいでいくので、必然と痛みも鎮まっていき、肩の可動域も元の正常な状態にまで改善されます。中には、肩の関節拘縮が長期間残ってしまい、治すまでに結構時間を要する場合もありますが、ストレッチによって筋肉を十分にほぐしてあげれば、より早期に五十肩を治すこともできます。

五十肩にストレッチは効果がある?

五十肩は、痛みが強い時期においては、何も余計なことをせずに安静をしておくことが大事なのです。しかし、安静にしておいた方が良いとは言え、いつまでも肩を動かさずにいると関節拘縮が起こって、肩を動かしにくい状態になってしまいます。ですから、痛みがひいてきたら、関節拘縮によって狭くなった肩の可動範囲を正常な状態に戻すための運動療法が行っていく必要があるのです。

運動療法の中には、肩の可動範囲を広げる様々なストレッチを行うと良いとされています。中でも、特に有名なストレッチが、アイロンやペットボトルを使った「コッドマン体操」と呼ばれる振り子運動です。このコッドマン体操というストレッチは、机やテーブルなどに手を置いて体を支えた状態で、痛めている肩の方の腕でアイロンやペットボトルを持ちます。

そして、肩の力を抜いて前後・左右に振り子のように動かしたり、円を描くように回転させます。あと、壁を使って壁伝いに指をはい上がらせるストレッチなどもあります。このストレッチは、まず壁に向かって立ち、壁に手のひらをつけた状態にします。それができたら、指だけを動かして壁伝いに腕を少しずつ壁の上に向かってはい上がらせていき正面だけでなく、壁とは並行に並んで壁に向かって横に腕を上げて壁についた状態にで同じように腕を上に上げています。

他にも、棒やタオルを使って上下に動かしたり、体や頭の後ろにまわしたりするだけでなく、腕を頭の後ろにまわして腕を開いたり閉じたりしたり、腕を腰の後ろにまわして上下に動かしたりなどのストレッチが、五十肩に非常に有効とされているようです。もし、これらのストレッチを行うなら、いきなりストレッチを始めるよりも、入浴した直後の肩の関節部分が十分に温まった状態に行うほうが、最も効果を発揮することができます。

ストレッチで五十肩が治った体験談

ミネラルウォーターの配達の仕事をしている時、車が故障してしまいました。すぐに配達先に電話を入れ、ほとんどのお客様は後日配達することになったのですが、1件だけ今日中に必要なお客様がいたのですが、すぐに車の手配ができませんでした。

しかたなく2駅先のお店まで、1つ20kgあるボトルを2つ、徒歩で運ぶことになったのです。幸いにも時間内に配達することが出来たのですが、その日の夜から両肩に痛みがでて、手も上がらなくなりました。すぐに整体クリニックへゆくと五十肩の症状で、間接に炎症が起きていると診断されました。しかし、3か月経っても痛みが取れず、仕事もキツイ状態が続きました。

そんな時に、ストレッチを知りました。神にもすがる思いで、肩ストレッチを行うと1週間で痛みが消えました。その後、再発を防止するためにストレッチを継続しています。整体クリニックでは、電気治療と湿布治療を行ったのに、効果がなく、五十肩の痛みは自然に消えるので安心してください。と言われたのが今でも信じられません。



五十肩の原因は老化現象だった!

五十肩は、50代の年齢を中心に境に発症する方が多いことから、一番の原因は「老化」と言われています。

靭帯・健・関節包などの肩の関節や関節周辺の組織が老化することによって、炎症や関節拘縮を発症することで痛みを感じるようになるのです。ただし、五十肩という病気は、江戸時代の文献にも記載されているように、昔からずっとある病気にもかかわらず、実際には、いまだに明確な原因というものはわかっていないのが現状です。

そして、近年では、五十肩の原因として、老化以外にも原因があるのではないかと言われています。その中でも、日常生活における無理な動作が五十肩の原因になっている割合が多いことがわかっています。例えば、事務職などのパソコンを使った指先以外に体をあまり使わないデスクワークや窓を拭くために腕を上げ続けたりする清掃業など、長時間肩の筋肉をほとんど動かさない仕事をしていたり、ゴルフやテニスなどのスポーツでクラブやラケットでスイングすることで五十肩になる場合もあります。

また、過去に肩を痛めた怪我の経験がある方で、怪我が完全に治りきっていない状態で放置することで、その後に、肩に負担を掛け続けることでも発症することがあります。さらに、五十肩の原因には、老化や生活習慣だけでなく、糖尿病などの病気が原因の一つとも言われていて、実際に、糖尿病の患者さんのうち約2割の方が、五十肩も発症していることがわかっています。

このように、五十肩には様々な原因があることがわかっていますが、必ずしもこれらが五十肩の原因とは言い切れません。先程も言いましたが、五十肩の原因は、いまだにはっきりとしておらず、五十肩を発症する方に見られる原因の割合が多いということから、五十肩の原因として扱われているだけだということを認識しておきましょう。

五十肩の症状とは?

五十肩(四十肩)の症状としては、肩の関節から腕の肘辺りにかけて痛みが現れたり、肩の可動域が狭くなって運動制限されることが挙げられます。

そして、これらの症状は、運動痛と呼ばれる運動をする際に現れることが多いのです。例えば、服を着たり脱いだりする、エプロンなどを体の後ろの紐や帯を結ぶ、髪の毛を結んだりセットする、電車やバスのつり革をもつなど肩を上に上げたり、後ろに回したりして肩を動かすことで痛みを感じやすくなります。

多くの方の場合、このような五十肩の痛みの症状を避けようとして、できるだけ肩を動かさないようにしてしまいます。ところが、このように、肩を動かすことで肩に痛みが走るのを恐れて、ずっと肩を動かさずに硬くこわばったままだと、関節拘縮という状態になってしまう危険があります。関節拘縮とは、老化などが原因で関節部分を覆っている関節包が分厚くなって硬くなり伸縮しなくなることで、肩が動かしにくくなって可動範囲が狭くなり、無理に動かそうとすると肩に痛みが走る状態のこと言います。

痛いから動かしたくないという気持ちはわからないでもないですが肩が痛むからと言って、過度に肩を動かさないようにしてしまうと、余計に肩が動かなくなってしまうので注意が必要です。

さらに、五十肩の痛みの症状は、肩を動かさずに何もしていない状態でも痛みを発症し、夜の睡眠時にも寝返りを打ったりすることでも激しい痛みに襲われる場合もあります。中には、あまりの激痛に耐えられずに途中で目が覚めたり、眠ることができず、睡眠不足になる方もいるほどです。

症状に関しては、少しずつ痛みが和らいでいき、自薦治癒する場合もありますが、痛みが和らいだ後もなかなか関節拘縮が治らずに、肩が動かせない時期が長引く場合がありますが、ストレッチをしっかりと行っていれば改善と予防はできます。このように、五十肩では、最初に痛みが和らいだ後に、肩の可動域が狭くなる時期がやってきます。

この肩の可動域が狭くなる状態は、約4~6ヶ月ほど続き、その後症状が完治するまでは、通常は、約1年くらい時間が掛かりますが、症状によっては、それ以上掛かってしまうこともあります。

五十肩の治療とは?

五十肩は、症状が重く肩の痛みが強い時期の急性期と痛みがひいて症状が軽くなってきた時期の慢性期とでは、それぞれの症状に合わせた治療が行われるようになっています。まず、痛みが強い急性期の治療法から見ていくと、一般的に、痛みが激しい時は、三角巾やアームスリングによって腕を固定したり、患部を冷やしたりして安静にします。万が一、安静にしたり患部を冷やしても痛みの症状がなかなか和らいでこない場合は、同時に、薬物療法も行って痛みを鎮めるようにしていきます。

薬物療法では、鎮痛作用のある湿布薬を貼ったり、消炎鎮痛剤を服用したり、神経ブロック注射・ステロイド注射・ヒアルロン酸注射を打ったりすることで痛みを鎮めることができます。そして、これらの治療を行うことで痛みの症状が徐々に和らいできたなら、今度は痛みが軽くなってきた慢性期に行われる治療法へと移行していきます。

痛みがひいてきた慢性期では、温熱療法や運動療法を徐々に取り入れていくようになります。五十肩は、最初の約1ヶ月くらいは激しい痛みに襲われますが、少しずつ痛みが和らいできますが、今度は関節拘縮の状態になり、肩の可動域が狭くなってしまう運動制限が起こりやすくなります。

この関節拘縮による運動制限を改善して、肩の可動域を広げていくために行われるのが、温熱療法や運動療法なのです。温熱療法では、ホットパックや入浴によって患部を温めることで、硬くなった筋肉をほぐすことができます。また、運動療法では、肩の関節の動きを改善するストレッチを行うことで、関節拘縮を解消して、肩の可動域を広げることができます。

通常なら、自然に痛みが鎮まったり、これらの治療やストレッチを行うことで五十肩の改善や予防ができますが、それでも改善しなかった場合は、手術が行われることもあります。

コラム(五十肩と勘違い)

酷い頭痛と肩痛に悩み病院へ行きました。頭痛薬をはじめとする各種薬を処方していただきましたが、なかなか症状は消えませんでした。しかし頭痛も肩痛もどんどん酷くなるので、病院を何度も変え、CTやMRIなどの精密検査も行いました。それでも、原因はまったく解りません。

いや参った!仕事にも支障が出るし、夜も眠れません。知り合いから紹介された整体師やカイロにも行きましたが改善されませんでした。そんなことが1年以上続き、もう諦めていた頃、健康診断で中性脂肪やコレステロール値が高く再検査をするように言われました。

すると糖尿病や高血圧の可能性が高いという結果が出ました。特に血圧においては180を超える高さでスグに治療が必要と言われました。その時に医師と話した中で、頭痛や肩から首の痛みは高血圧の原因である可能性が高いと指摘されました。

翌日から降圧剤を飲み始めたのですが、1週間もすると頭痛や肩痛や首痛が見事なまでに改善されたのです。どうも動脈硬化などで血管が細くなっているところに高い圧力で血液が流れたことが原因のようです。本当に驚きです。

高血圧や糖尿病の治療がはじまり、医師からは生活習慣の改善を指導されました。食事や運動もそうですが、なんといっても内臓肥満やメタボを解消するために20kg以上減量する目標を設定されました。

短期間で痩せるために教えていただいたのは、酵素ダイエットのやり方でした。短期間に痩せてリバウンドもしないので肥満解消には最も適したダイエット法だそうです。まさか五十肩かと思った肩の痛みが高血圧だとは笑ってしまいますね!参考までに!




スポンサーリンク



スポンサーリンク