豆知識

ご長寿ホルモンのアディポネクチンを増やすには

人間の体内の脂肪細胞からは、数種類のアディポサイトカインという物質が分泌されています。この数種類のアディポサイトカインのうち、長寿ホルモンに分類されるのがアディポネクチンです。

アディポサイトカインの中には、血糖値や血圧を上げたり、コレステロールの増加や炎症を引き起こすといった悪玉脂肪ホルモンが存在しますが、長寿ホルモンはアディポネクチンのみです。ですから、アディポネクチンを増加させることで、血管を綺麗にするので老化防止に効果が期待できると言われています。

アディポネクチンの分泌量が減少すると

肥満と血糖値の上昇は大きく関わっています。脂肪細胞から分泌されるアディポネクチンは、血糖値を下げる働きを持っていますが、実は、内臓脂肪が増加に伴って分泌量が減少するという特徴があります。

そして、アディポネクチンが減少すると、血糖値が上がってしまうのです。このことから、内臓脂肪が多い肥満の方は、アディポネクチンの分泌量が減少してしまうので、血糖値が上がりやすい体質になり、糖尿病のリスクが高まります。近年、糖尿病患者が増加傾向にあるのは、食生活の変化によって高脂肪食を摂る機会が増えたことが大きな要因と言えるのではないでしょうか。

中性脂肪が増えて脂肪細胞が肥大化すると善玉ホルモンのアディポネクチンの分泌量がガックンと減ってしまいます。すると、悪玉ホルモンがたくさん分泌されてインスリンが効きにくくなり糖尿病になりやすくなったり、動脈硬化がすすみ血管がボロボロになりやすくなると考えられています。
この悪い働きをする悪玉ホルモンが出やすい目安となる身体のサイズが分かってきたそうです。ポイントは腹囲!腹囲が太いほど善玉ホルモンの分泌量が減り、悪玉ホルモンの分泌が増える事が統計学でみると分かってきたそうです。

注意が必要になる男性の腹囲・・・85cm以上
注意が必要になる女性の腹囲・・・90cm以上 

女性の方が腹囲が大きいですが、女性の場合は、男性と比べて元々皮下脂肪が多いので女性の方が5cmくらい基準が大きくなるそうです。

アディポネクチンを増やすには

血糖値を下げる働きがあるアディポネクチンは、内臓脂肪の増加によって分泌量が減少してしまうので、血糖値を下げたいのなら、アディポネクチンを増やすことが近道です。アディポネクチンを増やすためには、内臓脂肪を減らす必要があります。

高脂肪食が多い方は食生活を改善したり、少しずつでもいいので体を動かすいようにして、運動不足を解消することで内臓脂肪を減らすことが可能です。肥満気味だなと感じている方は、血糖値が上がっている可能性が高いので、生活習慣を変えることを心がけましょう。

アディポネクチンが糖尿病を予防する

脂肪細胞から分泌される善玉脂肪ホルモンのアディポネクチンは、血糖値を下げる働きがあり、糖尿病の予防に有効なホルモンだと言われています。通常、アディポネクチンが正常に分泌されている時は、インスリン抵抗性が低い状態になっているため、食事によって血糖値が上がっても、インスリンがたくさん分泌されて、血液中の糖を処理して、血糖値をコントロールすることができます。しかし、インスリン抵抗性が高くなると、血糖値を下げて上手くコントロールできなくなるのです。

インスリン抵抗性が高まることで糖尿病になる

糖尿病は、インスリン抵抗性が高まることで発症します。インスリン抵抗性とは、血糖値をコントロールするのに欠かせないホルモンであるインスリンの働きが低下した状態のことを言い、そのまま放置すると血液中の糖の濃度が高くなり、糖尿病へとつながるのです。

私たち人間の体は食事をすると血糖値が上がりますが、インスリンの働きによって、糖が代謝のために筋肉細胞や肝臓に吸収されるのを促進し、血糖値がコントロールされています。

ところが、肥満による内臓脂肪の増加などが影響してインスリン抵抗性が高まり、糖の代謝を促進するインスリンの働きが低下すると、血糖値がコントロールされなくなり、血糖値が上がって糖尿病になるというわけです。

アディポネクチンがインスリン抵抗性を改善

そして、このインスリン抵抗性と脂肪細胞から分泌されている善玉脂肪ホルモンのアディポネクチンが深く関係しています。アディポネクチンには、糖の代謝を促進して、血糖値をコントロールしてくれるインスリンの働きをサポートし、血糖値を下げてくれます。

しかし、アディポネクチンは、内臓脂肪が増加すると脂肪細胞からの分泌量が減少してしまいます。その結果、インスリンの働きが低下してしまい、筋肉細胞や肝臓での糖の代謝が行われにくくなるインスリン抵抗性が高い状態になり、血糖値が上がります。ですから、インスリン抵抗性を改善するためには、アディポネクチンの分泌量を増加させる必要があるのです。

アディポネクチンを増やすサプリ

血糖値が半年で半分以下に下がりました

父親が糖尿病と脳梗塞の合併症で亡くなったこともあり、自分も遺伝で同じ病気になるのではと、とても不安で仕方ありませんでした。30代後半にになると、血圧が高く肥満気味だったので、健康のためにいろんな健康食品を取り寄せて飲んでいたのです。

しかし、効果はほとんど現れず、血糖値が230、ヘモグロビン8.8と悪化する一方。そのな時出会ったのがアディポネクチンSP-18で、飲み続けて半年ぐらい経過しましたが、血糖値が110に、ヘモグロビンも6.6と半分以下にまで下がりました。一時は医者に入院を勧められるなど、どうなるかと思いましたが、このまま飲み続けて健康維持に努めたいです。

食事を我慢せずにダイエットに成功

「食生活の改善と運動を取り入れるように」とメタボ検診で言われましたが、運動嫌いで甘い物好きの私には、とてもじゃないけど続けられないと断念。これまでもいろんなダイエットサプリを試してみたものの、私の体には合わず腹痛を起こしたこともあるなど、どうすればいいか途方に暮れていました。

でも、そんな私をアディポネクチンSP-18が救ってくれたのです。食べることが好きなので、無理な食事制限をすることなくダイエットをしたかったのですが、見事に食事を我慢せずにダイエットに成功しました。アディポネクチンSP-18のおかげで、しっかりと食べながらのダイエットだったので、体も元気な状態で痩せることができたのが良かったです。

朝の目覚めも良くお腹の調子も良くなりました

いつも残業で夜遅くまで仕事しているせいもあり、毎朝目覚めが悪く起きるのが辛くて仕方ありませんでした。それに、お腹の調子も良くなく、毎日朝食抜きで仕事に行っていたので、仕事中にお腹が空いてしまい、仕事に集中できない日々が続いていました。

こんな私を見かねたのか、友達がアディポネクチンSP-18のことを教えてくれたのです。最初はあまり期待していなかったのですが、飲んでわずか1週間後には、体がとても軽くなってきて、朝の目覚めも良く、お腹の調子も良くなりました。今では毎日しっかり朝食を食べているので、仕事の途中でお腹が空くこともなくなり、仕事にも身が入るようになりました。

アディポネクチンを増やす食品

近年、食品によってアディポネクチンをより上げるメカニズムが研究されているそうです。ではどんな食品を食べると良いのでしょうか。青い魚に含まれているDHAやEPAの油はアディポネクチンを増やすと考えられています。そして、もう一つの食品が赤ワインです。2009年に発表された論文では赤ワインを1日1杯ほど飲むと3週間後には、およそ3割アディポネクチンが増加したと言う報告があるそうです。ワインが好きな人には嬉しい報告ですね。ですが、飲み過ぎには注意しましょうね。